軽井沢店

軽井沢店

軽井沢店の思い出

大倉陶園(旧)軽井沢店 大倉陶園(旧)軽井沢店

1960年(昭和35年)、旧軽井沢旧道に開店して以来、半世紀あまり愛され続けている軽井沢店。当時の軽井沢店は、7月後半から8月いっぱいの約40日間のみ開店しておりました。商品を積んだトラックが軽井沢を走るさまは非常に目だち、オープニング初日は、開店前から多くのお客様が店先で列を成していらしたそうです。

近藤長屋の一区画に店を構え、夕刻には赤提灯が長屋全体で灯されるさまは、軽井沢の古きよき風景として長年愛されてきました。昨今軽井沢の雰囲気も変化してまいりました。多くのお客様よりご要望を頂き、現在は以前長屋のあった場所近くのポケットパークに移転し、新店舗にて季節営業しております。季節により営業時間の変更も若干ございますので、ご来店の際は軽井沢店へお問い合わせください。商品の入れ替えもございます。軽井沢へお出かけの際には、ぜひ足をお運びください。

軽井沢のお客さまのために企画した『軽井沢の野鳥シリーズ』という商品がございました。軽井沢に住む鳥たちをデザインした素敵なシリーズです。年毎にカップ&ソーサー、ケーキ皿……と形を変えてご紹介したこのシリーズは夏にお客様にご紹介し、その次の夏に軽井沢店が開店する際にお持ちする、というのんびりとした古きよき時代でした。

その『軽井沢の野鳥シリーズ』に想を得て、デザインしましたのが、こちらの『野鳥シリーズ』(コーヒーカップ、ケーキ皿)です。オフィシャルショップ、各直営店でお取扱しております。

『野鳥シリーズ』(コーヒーカップ、ケーキ皿)

軽井沢店トップに戻る