伝統の技

オークラのホワイト

創業以来「良きが上にも良きものを」の志を理念として数々の名品を創り続けて参りました。代表的な作品のひとつが初窯品の「薄肉彫鳳凰菓子鉢」です。大倉陶園では完璧な白磁の美しさを創り上げるために、最高級カオリンを贅沢に使用。焼成には世界でも類を見ない1460度の高温で本焼きをするなど、卓越した技法を完成させました。