伝統の技

漆蒔 うるしまき

大倉陶園は、創業者である大倉孫兵衛の「此上なき美術品を作り度し」という創業時の夢を具現化するために、数々の新技法を開発、独自の美を紡ぎ出してきました。例えば、他の技法では出せない色の深み・艶やかさを表現するための漆蒔技法。漆の上に絵具の粉を蒔き、それを綿で軽く擦りながら丹念に染み込ませていくこの技法は、大倉陶園だけが保有する秘伝の技。世界から高い評価を受けています。