伝統の技

呉須

呉須 ごす

施釉前の素焼素地に彩色する技法です。主にコバルトを含む顔料を用い、釉薬の下に着色するため、耐久性が高くなります。最も伝統的な装飾法であり、落ち着きのある凛とした色となります。