オールド大倉物語

岡染付富士絵替りディナーセット

前回に引き続き、オーダーメードの食器揃いをご紹介します。

昭和10年の箱根富士屋ホテル様の作品は、現在ホテルのメインダイニング入口の陳列ケースの中で大切に保管されております。また、その復刻版や新アイテムも生産し、納品させていただいております。

ディナーセットの画柄は岡染付の風景画で、日本の象徴・富士山と滝の絵から成っています。器全体に勢いよく描かれた富士や滝は、岡染付の特徴を活かし、清々しく深遠で見事な筆捌きであり、構図の基となった場所を捜しに富士山巡りをしたくなる迫力があります。

滝の絵も食器全体のバランスの中で緊張感のある配分になっています。

ティーセットのほうは、蒔絵技法でキツリフネソウやオダマキなどの高山植物が息をのむほど美しく、描き絵とも一味違う工芸的な良さがあります。現代では、生産性の問題で困難な技法だけに考えさせられる点も多いものです。

岡染付富士絵替りディナーセット