オールド大倉物語

蝕蒔絵 プラタナスベリー大皿

蝕蒔絵 プラタナスベリー大皿・小皿蝕蒔絵 プラタナスベリー大皿・小皿 雲鶴文レリーフ電気スタンド(笠部分)小皿部分

昭和2年(1927年)の作品は、なんとも美しいダイヤモンドの器形をしています。

エッチングにより深彫りされた木の葉模様を大皿の内側全面に配し、色鮮やかな絵の具で蒔ぼかしを施し、プラタナスの紅葉を驚嘆するほど大胆に表現しています。実に見事に漆蒔技法のみで絵を創っています。いつ見ても斬新で古さを感じさせない、時代を超える良き作品の例といえるのではないでしょうか。

デザインは、大倉陶園の初代支配人・日野厚氏と伝えられています。

日野厚氏とは、孫兵衛翁の遺訓にもあるとおり、工場建設の立案や工事の監督から始めて、昭和22年(1947年)まで支配人として経営にあたり、大倉陶園の礎を築いた人物です。

今こうしてご紹介しておりますオールドオークラのほとんどは、日野厚氏の監修によるものとして伝えられています。漢文にも明るく、工芸家であったと同時に、教育者でもあり大倉陶園の理念を実現させた経営者でもありました。